知らないと40万円も損することも!車買取の相場を簡単に知る方法


これから愛車を売ろうと考えている方、
一番の目的はなんでしょうか。
…そう、できるだけ高く売ることです。

そのために必要なのは、まず、車買取の相場を知ることです。
自分の車の車種がいくらぐらいで売れるを知って、
はじめて買取業者さんとも交渉できるというものです。

相場をしらないと、値段がいくらといわれても、
それが、高いのか安いのかの判断さえつきません。

相場といわれても調べ方がよく分からない方も多いでしょう。
そんな時便利なのが、車無料一括査定サイトです。

「ズバット 車買取比較」なら 入力の手間も一分程度で、
最大10社も査定ができちゃうんです。

もちろん料金は、まったくかかりません。

一括査定を申し込んだからといって、
金額に納得できなければ、売らなくてもかまわないので、
気軽に利用できますね。

どの業者に頼んでも、 査定額なんてあまり変わらないんじゃないの と思っている方も多いでしょう。


それは違います。
実例を出しましょう。

走行距離7万キロの2002年アルフォードが、
A社だと33万円、C社だと42万円だったのが、
B社だとなんと73万円の値がつきました。

A社とB社の違いは、倍以上。
A社にしか査定を出してなかったら、
40万円の損だったわけです。

どうしてこんな差が出てくるのか。

一口に買取業者といっても、欲しい車種、得意な車種が違うからです。
販売ルートも同じではありません。

直接販売、オークション、
日本で売るためでなく、海外輸出用の場合もあります。

需要と供給。
自分の車が欲しい業者さんの方が、
高く買ってくれるのは必然ですね。

車無料一括査定サイトの中では、 「ズバット 車買取比較」がオススメです。


●累計利用者数60万人!
実績があるところの方がやはり安心です。
ダメなサイトなら、何十万人という人が後に続かないでしょう。

●年中無休(年末年始除く)のカスタマーサポート!
査定に関して、分からないことがあったらすぐ質問できる。
はじめて車を売る人など特に助かりますね。

●全国150社以上の業者が参加!
参加している業者さんは、
ガリバー、カーチス、ラビット、カーセブンなど
全国展開している大手買取業者から、地域密着の地元業者まで幅広い業者です。

選択肢が多いほど高く売れる可能性が上がります。

どうせ一括査定サイトを使うなら、
実用的で、信頼できるサイトに任せたいものです。

車の査定の基準 高額査定の出やすいのはどんな車?


需要と供給。 売れるものを仕入れたいのが買取業者です。
売れる車イコール人気のある車。
人気がある車ほど、早く高く売ることが出来るので、
査定も高めになりがちです。 では、どんな車が人気があるのか見てみましょう。

●車のタイプ
エコカー、軽自動車、コンパクトカーが人気です。
ファミリー向けでは、やはりミニバンもあります。
新車で売れてるタイプは、当然中古車でも売れるので、 査定も上がります。

●車種
価格やスペックがほぼ同じでも、 人気のある車種の方が高く買い取ってもらえるでしょう。
特定のタイプ、車種を中心に扱う車買取業者います。
自分の車はどうか探してみるのもいいかもしれません。

●ボディカラー
やはり、車の色は、人気の大きなポイントです。
ある種、デザインよりその車のイメージを決めてしまうかもしれません。
どれだけ自分の好きな車種でも、 色が好みじゃないと乗りたくない人も多いでしょう。
やはり、ホワイトやブラックという基本の色は、ユーザー層が広くなるので、
査定も高めの傾向にあるようです。

●年式
国産乗用車はフルモデルチェンジ(4、5年)、マイナーチェンジ(2、3年)を 繰り返します。
同じ車種でも、当然フルモデルチェンジ後の方が、 高額査定の可能性があります。

●パーツ
純正オプションパーツである、
サンルーフ、エアロパーツ、カーナビなどがついていると、
査定にプラスになることは、多いでしょう。
社外パーツのホイール、カーナビ、サスペンション、
エアロパーツ、マフラーなどもプラスになる可能性は高いですが、
持ち主の好みが強く反映されている改造だと、
逆に査定にマイナスになる場合もあります。

世間の趣味と自分の趣味が一致していると、 その車の需要も高そうです。
あまり車にこだわりがない人なら、 次に売るためのことを考えて選ぶのも、 ありかもしれませんね。

査定依頼の前に再確認 グレード、ディーラー車、並行輸入車、オプションとは?


車に乗っている人が全て車に詳しいわけではありません。
査定依頼をしようとして、よくわからない言葉が出てくることがあります。
しっかりと把握しておきましょう。

●グレード
車種は分かってもグレードって何?という人もいるでしょう。
同じ車種でもエンジン性能、装備、内装などが違ういくつかの種類があります。

シンプルバージョン、ノーマルバージョン、エクセレントバージョン、 みたいなものでしょうか。
そのラインアップがグレードと呼ばれています。

メーカーによってその名称は、かわります。
たいていは、アルファベットや数字です。
カローラ1.5Gの1.5Gがグレードです。

グレードが分からない人は、 車を購入した店に問い合わせをすれば、教えてくれます。
車台番号でグレードを検索できるメーカーもあります。

●ディーラー車、並行輸入車
ディーラー車と並行輸入車は、分かるでしょうか。
ディーラー車は、メーカー直営店、正規ディーラーが、 輸入販売している車。

並行輸入車は、この正規ルート以外で輸入された車のことをいいます。 同じ車でもディーラー車は、 日本の交通事情を踏まえたグレード、装備で安心感があります。

買取価格もディーラー車の方が高額になる場合が多いです。
値段より安心というところでしょうか。

●オプション
装備の欄を記入するときに、オプションとかかれていることがあります。
購入時や購入後に追加で車に実装した装備のことです。

もちろんこれらの装備、オプションにもお金がかかっています。
オプションの内容によって、査定金額が変わったりします。

車の出張査定は、どれくらいの時間がかかる?


車の出張査定は、どのくらいの時間がかかるかというと、
どの業者も1時間ぐらいのようです。

1時間ずっと査定をしているわけではありません。
査定自体は、半分の30分くらいで、残りが、査定結果の説明、打ち合わせ。

査定の作業は、車検証、整備記録のチェックからはじまり、
修復歴の有無、内装・外装の状態チェック、
エンジン、ミッションなどの駆動部チェック、
電装品の動作チェックというような流れです。

オプション装備など、アピールするところがあるなら、どんどんPRしましょう。

あとでトラブルにならないよう、査定には、立ち会った方がいいみたいですね。
業者からみれば、数十万、時には、数百万円という高額な買い物です。

ミスがあっては、会社の損にもなるので、査定マンも真剣です。
人が真剣に仕事をしている姿を眺めるいい機会かもしれません。

高く買い取ってもらうために

 

車買取豆知識

 

知っておきたい!車の知識